FUTURE SKIN META-SKINCARE SCIENCE

FUTURE SKIN META-SKINCARE SCIENCE

FUTURE SKIN META-SKINCARE SCIENCE

fexer__lg

fexer__lg

bg-transparent

気になるシミをカバーする新発想ベースメイクアイテム

bg-transparent

bg-transparent

fexer__sm

センサイ バイオミメシス ヴェールフィクサー

〈化粧下地・化粧液〉 30mL 6,000円(税抜)

シミ等をカバーしたい頬部分に吹きつけたヴェールを肌に密着させ、肌表面をなめらかに覆う化粧下地。

sponge__lg

sponge__lg

hidden

バイオミメシス  ヴェールフィクサー、
リキッド・クリームファンデーション専用スポンジ。

hidden

hidden

sponge__sm

ファンデーション スポンジ L

700円(税抜)

剤を伸ばしやすく、スポンジ面で肌をおさえることで、密着させやすい設計です。

新スキンケア体験 バイオミ メシス ヴェール スペシャルページ

新スキンケア体験 バイオミ メシス ヴェール スペシャルページ

新スキンケア体験 バイオミ メシス ヴェール スペシャルページ

基本のステップ

STEP 1

化粧下地(液状**ファンデーションの場合はファンデーション)を塗った後、ヴェールポーションをセットしたヴェールディフューザーで、ほおに極薄ヴェールを吹きつけます。

  • **
    リキッド、クリーム、クッションタイプなど

STEP 2

極薄ヴェールの上にヴェールフィクサーを透明になるまでなじませ、肌表面の凹凸をなめらかに。一緒に使うファンデーションのカバー力を高めます。

ほおのシミがなめらかに、自然にカバーできます。

ヴェールフィクサーの使い方

  • **
    リキッド、クリーム、クッションタイプなど

パウダーファンデーションを
ご使用の場合の使用方法

STEP1 化粧下地 STEP2 ヴェールディフューザーでヴェールを頬に吹きつける STEP3 ヴェールフィクサーでヴェールを肌になじませる STEP4 コンシーラー(シミ部位のカバー) STEP5 パウダーファンデーション

STEP1 化粧下地 STEP2 ヴェールディフューザーでヴェールを頬に吹きつける STEP3 ヴェールフィクサーでヴェールを肌になじませる STEP4 コンシーラー(シミ部位のカバー) STEP5 パウダーファンデーション

STEP1 化粧下地 STEP2 ヴェールディフューザーでヴェールを頬に吹きつける STEP3 ヴェールフィクサーでヴェールを肌になじませる STEP4 コンシーラー(シミ部位のカバー) STEP5 パウダーファンデーション

詳しく見る

STEP 1
化粧下地を顔全体につける

  • ヴェールを吹きつける前に顔全体につけます。

STEP 2
ヴェールをきになる部分に吹きつける

  • ヴェールディフューザーのメインスイッチを1に合わせ、 両ほおなどの気になる部分に吹きつけます。
  • 片ほおで15秒くらいが吹きつけの目安です。
  • 吹きつける際に、まつ毛についたり、目に入る場合があるので、付属のアイガードを目のまわりに当てながら吹きつけてください。

step2

STEP 3
ヴェールフィクサーでヴェールを肌になじませる

  • ヴェールフィクサーを手の甲に出しセンサイ ファンデーション スポンジ L(別売り)に含ませ、ヴェールの中心からこすらず、おさえるように透明になるまでなじませます。
  • ヴェールより広い範囲になじませてください。
  • ヴェールが破れてしまったときは、一度ヴェールを落としてください。

step3

STEP 4
コンシーラーをシミ部位につける

  • こすらず、おさえるようにつけてください。
  • ヴェールの上は色づきがよくカバー力が出やすいので、少しずつ重ねてください。

パウダーファンデーションを顔全体につける

  • こすらず、やさしくのせてください。
  • ヴェールの上は色づきがよくカバー力が出やすいので、少しずつ重ねてください。

step4

STEP 5
ヴェールの吹きつけ範囲の目安

両ほおにシミがある範囲より大きくお使いください。

  • ヴェールがはがれやすくなるため、目まわり、鼻まわり、口まわりは避けてお使いください。

step5_01__sm

落とし方

ヴェールをはがし、いつものクレンジング・洗顔を行います。
ヴェールがはがしにくい場合は、
水または化粧水を含ませたコットンでふきとってください。

  • はがしたヴェールは排水溝に流さず、ごみとして捨ててください。

step5_02__sm

液状**ファンデーションを
ご使用の場合の使用方法

  • **
    リキッド、クリーム、クッションタイプなど

化粧下地 液状**ファンデーション STEP2 ヴェールディフューザーでヴェールを頬に吹きつける STEP3 ヴェールフィクサーでヴェールを肌になじませる STEP4 液状**ファンデーション(シミ部位のカバー) STEP5 おしろい

化粧下地 液状**ファンデーション STEP2 ヴェールディフューザーでヴェールを頬に吹きつける STEP3 ヴェールフィクサーでヴェールを肌になじませる STEP4 液状**ファンデーション(シミ部位のカバー) STEP5 おしろい

化粧下地 液状**ファンデーション STEP2 ヴェールディフューザーでヴェールを頬に吹きつける STEP3 ヴェールフィクサーでヴェールを肌になじませる STEP4 液状**ファンデーション(シミ部位のカバー) STEP5 おしろい

  • **
    リキッド、クリーム、クッションタイプなど

詳しく見る

STEP 1
化粧下地、液状**ファンデーションを顔全体につける

  • ヴェールを吹きつける前に顔全体につけます。

STEP 2
ヴェールを気になる部分に吹きつける

  • ヴェールディフューザーのメインスイッチを1に合わせ、 両ほおなどの気になる部分に吹きつけます。
  • 片ほおで15秒くらいが吹きつけの目安です。
  • 吹きつける際に、まつ毛についたり、目に入る場合があるので、付属のアイガードを目のまわりに当てながら吹きつけてください。

step2

STEP 3
ヴェールフィクサーでヴェールを肌になじませる

  • ヴェールフィクサーを手の甲に出しセンサイ ファンデーション スポンジ L(別売り)に含ませ、ヴェールの中心からこすらず、おさえるように透明になるまでなじませます。
  • ヴェールより広い範囲になじませてください。
  • ヴェールが破れてしまったときは、一度ヴェールを落としてください。

step3

STEP 4
液状**ファンデーションをシミ部位に重ねる

  • こすらず、おさえるようにつけてください。
  • ヴェールの上は色づきがよくカバー力が出やすいので、少しずつ重ねてください。
  • 液状*ファンデーションで隠しきれない場合は、代わりに コンシーラーをお使いください。

step4

step5_01__sm

STEP 5
おしろいをつける

こすらず、やさしくのせてください。

ヴェールの吹きつけ範囲の目安

両ほおにシミがある範囲より大きくお使いください。

  • ヴェールがはがれやすくなるため、目まわり、鼻まわり、口まわりは避けてお使いください。

落とし方

ヴェールをはがし、いつものクレンジング・洗顔を行います。
ヴェールがはがしにくい場合は、
水または化粧水を含ませたコットンでふきとってください。

  • はがしたヴェールは排水溝に流さず、ごみとして捨ててください。

step5_02__sm

  • **
    リキッド、クリーム、クッションタイプなど

Q&A

メイクフィクサーのQ&Aを見る

Q. なぜシミカバーに適しているのか?

シミ部位はシミのない部分に比べ、キメが大きく、深くなっていることが分かっております。そのため従来のファンデーションやコンシーラーだけだとメイク品がムラにつき、不自然に仕上がりがちでした。今回ヴェールで乱れたキメを覆いさらにヴェールフィクサーで密着させることで、ファンデーションやコンシーラーが周りと均一に肌にのるため、少量でもカバー効果を発揮、シミをしっかりしかもごく自然にカバーすることができます。またヴェールを吹きつけた部分の肌はなめらかできめ細やかな仕上がりになります。


Q. 目安として何時間くらい使えますか?

個人差はありますが、正しくご使用いただいた場合で、目安として6時間程度の持続はお使いいただけます。以下のような場合は、短い時間でヨレやはがれ等が生じることがあります。

  • リキッドやコンシーラーを重ねる場合はヴェールよりも広い範囲につける
  • 顔をこする、触る、ハンカチやタオル等で顔表面をこする、マスクをする。
  • 口や目まわりなど動きのあるところに塗布する。
  • 汗をかく、激しいスポーツを行う。
  • 上記以外にも肌質や環境によって、ヨレやはがれが生じることがあります。

Q. ヴェールをつける時に、ヴェールアプリケーターは使用していいのか?

ヴェールアプリケーターの適用範囲である目もとや口もとは、日中は表情が変わるなどで皮膚がよく動き、ヴェールがはがれやすいため、使用しないでください。


Q. ヴェールの吹きつけ後に、ヴェールアプリケーターで押さえてもよいですか?

ヴェールフィクサーをつけたセンサイ ファンデーション スポンジ Lで押さえてください。


Q. 化粧中、はがれた場合の対処法

はがれたヴェールを再び肌にきれいにつけることが難しいため、ヴェールをはがし、始めから吹きつけることをおすすめします。


Q. 外出時、はがれた場合の対処法

はがれたヴェールを再び肌につけることが難しいですが、端が少しはがれた程度の場合は、水で濡らした綿棒で内側から外側に向かってはがれた部分をこそぎ取って直せることがあります。それでも気になる場合は、ヴェールをはがし通常のお化粧直しをしてください。


Q. センサイ ファンデーション スポンジ L以外で使用してもいいか?
だめな場合の理由

スポンジの材質によってはヴェールがはがれる可能性がありますので、センサイ ファンデーション スポンジ Lをお使いください。


Q. ヴェールを塗布してよい範囲はありますか?

両頬の上部~中央にお使いください。
目まわり、鼻まわり、口まわりは 避けてお使いください。
表情の変化などで皮膚が動きやすい頬の下部(特にほうれい線に近い範囲)は時間が経つと、
はがれやヒビ割れが起きることがありますのでご注意ください。


Q. シミをカバーができますが、こめかみや目の下に近い部分にあるシミ、鼻周りのソバカスなどにも使うことはできますか。

ヴェールがはがれやすくなるため、目まわり、鼻まわり、口まわりは避けてお使いください。


Q. ヴェールフィクサーに保湿効果はありますか。

ヴェールフィクサーはヴェールを定着させ、ヴェールメイクを持続させるためにお使いいただくアイテムです。


Q. 化粧直しはどのようにするのですか。

ヨレやはがれが生じて気になる場合は、はがしてやり直すことをおすすめします。
小さなはがれなどが気になる場合には、めくれたところのみを綿棒で優しくなでるように取り去ります。綿棒は軽く水で濡らすとより簡単にとることが出来ます。


Q. ヴェールが剥がれた場合はどのようにしたらよいのですか。

ヨレやはがれが生じて気になる場合は、はがしてやり直すことをおすすめします。
小さなはがれなどが気になる場合には、めくれたところのみを綿棒で優しくなでるように取り去ります。綿棒は軽く水で濡らすとより簡単にとることが出来ます。


Q. ヴェールフィクサーを使用しベースメイクを整えた後ハイライトやチークを使用してよいのでしょうか。

ご使用いただけます。つける時はヴェールが破れたり、はがれたりしないよう、こすらず優しくつけてください。


Q. 日中も湿潤環境を整えたうえでメイクをしたい場合、ヴェールエフェクター、ヴェールポーション、ヴェールフィクサーを重ねても大丈夫ですか?
可能な場合の使用順を教えてください。

シミカバーをする場合、ヴェールエフェクターの使用はおすすめしておません。
基本の使用ステップでご紹介ください。

Page Top